エコぷらっとC3

エコぷらっとCとは?

3つのCは、cooperation/citizen(consumer)/companyの頭文字で、NPO法人アクト川崎が目指す川崎の企業と市民の連携による、より良い環境の創造プロジェクト。さまざまな企業・団体と連携するエコなプラットホームを目指しています。
川崎には、日本のものづくりを支える企業が多数あります。そこで環境にかける負荷軽減のためにたゆまぬ努力をしている企業の姿を見、意見交換することは、私たちがどのようなまちを目指していくかに大きく関わります。
夏は親子向け、秋は大人向けという年2回の見学会では、普段なかなか行けない臨海部や市内の事業者の現場をじっくり見せていただきます。一般の見学会は初めてという工場も多数あります。
一方、市民と事業者との意見交換会は、2011年度には「私たちの取り組む節電」のテーマで、東日本大震災を受けて関東地域を中心に東京電力管内の企業、市民の積極的な節電・発電の取り組みを報告しあい、意見交換する機会を設けました。川崎地域から危機を乗り越えるためのエネルギー政策を考え、協同でのアピールとして発信することで、広く社会に呼びかけるの区的で開催しました。その後も、NPO法人産業・環境創造リエゾンセンターと協働して市民と事業者相互の環境の取り組みを報告、意見交換する場を毎年設け、お互いを理解する機会としています。

テーマと見学先

  •  2010年秋     プラスチックの謎を終え!          ①東亜石油株式会社 ②昭和電工株式会社
  •  2011年冬     川崎の大工場                ①JFEスチール株式会社 ②三菱ふそう・トラックバス株式会社
  •  2011年夏     ごみの行方                 ①浮島処理センター ②ミックスペーパー・プラスチック製容器包装中間処理施設 ③三栄レギュレーター株式会社
  •  2011年秋     エネルギーの生まれる所           ①川崎バイオマス発電所株式会社 ②浮島メガソーラー ③鷺沼小水力発電
  •  2012年夏     食と環境                  ①味の素株式会社 ②日清製粉株式会社
  •  2012年秋     川崎の物流                 ①川崎FAZ株式会社 ②港湾局講座「川崎の物流」 ③川崎マリエン ④日本物流センター株式会社
  •  2013年夏     川崎の海と製鉄所              ①川崎港めぐり ②川崎マリエン ③JFEスチール株式会社
  •  2013年秋     紙とプラのゆくえ              ①ペットリファインテクノロジー株式会社 ②三栄レギュレーター株式会社 ③JFEプラリソース株式会社
  •  2014年夏     臨海部天然ガスと植物栽培施設        ①東京ガスLNG基地 ②昭和電工株式会社
  •  2014年秋     暮らしと水                 ①花王石鹸株式会社 ②JFEスチール株式会社
  •  2015年夏     川崎臨海部の工場見学            ①東京電力川崎火力発電所 ②JFEスチール株式会社
  •  2015年秋     リサイクルと鉄道輸送            ①三栄レギュレーター株式会社 ②日本貨物鉄道株式会社
  •  2016年夏     親子見学会                     ①王禅寺処理センター ②エコ暮らし環境館 ③クノール株式会社川崎工場
  •  2016年秋     海からみる川崎と川崎バイオマス発電所    ①川崎港をめぐる川崎港巡視船「あおぞら」乗船 ②川崎マリエン ③川崎バイオマス発電所