川崎市地球温暖化防止活動推進センター

川崎市地球温暖化防止活動推進センターの取り組み

2011年1月に開設されたセンターは、市内の地球温暖化防止に関わるいろいろな団体(市民活動団体、事業者、行政等)と連携して、地球温暖化対策に係る質問、相談への対応・地域における推進員の実践モデル活動支援・活動ネットワークの強化・情報の収集・発信等の役割を担っています。
また、活動の拠点としてJR武蔵溝ノ口駅近くの高津市民館11階に「CCかわさき交流コーナー」が解説され、地球温暖化防止に関して、市民や事業者の方々からの照会、相談のほか普及啓発、情報発信等を行っています。

今年度も、「CO削減」「地球温暖化防止」はもとより、川崎市が打ち出している三つの柱「CCかわさきエコ暮らし」(低炭素、資源循環、自然共生)、SDGs(持続可能な開発目標)を視野に入れ、事業を実施します。そのためにも、昨年同様、他団体や他ジャンルとの連携にも力を入れていきます。

月別テーマ一覧

毎月テーマを替えて、様々な視点から展示と講座を行っています。今年度は、ハンズオン展示に加えて映像にも力を入れています。

  •  4月     SDGs
  •  5月     水
  •  6月     市民と事業者の環境の取り組み
  •  7月     環境ラベル・自由研究
  •  8月     生協系の取り組み・自由研究
  •  9月     電気、太陽光買い取り2019年問題
  • 10月     3R
  • 11月     生物多様性
  • 12月     かわさき環境フォーラム、温暖化
  •  1月     SDGsとESD、環境ゲーム
  •  2月     エネルギー
  •  3月     CSR

春休み・夏休み自由研究講座

子ども達の環境への関心を高めるために、自由研究の講座を開催しています。
募集時期になると、詳細は、川崎市地球温暖化防止活動推進センターのホームページに掲載されます。

相談受付

「ごみの分別方法」「太陽光発電」「電力自由化」「環境課題」「環境活動」などに関する相談を受け付けています。

図書・環境測定器具の貸し出し

環境関連の図書(約1000冊)/DVD・かるた(約80点)の貸し出しの他、消費電力計測器ワットアワーメーターや赤外線温度計、二酸化炭素濃度計など機器の貸し出しを行っています。