団体の概要

概要

「Think Globally,Act Locally」

1999年頃、「川崎市地球環境保全行動計画推進会議」が組織され、様々な立場の人々の協働による取組みを進めるため、市民(公募市民)・事業者・学校・行政の4つの部会と、エネルギー・ライフスタイル・交通・みどり・廃棄物という5つのテーマを柱に、連携した取組みが開始されました。

その後、推進会議の見直しがあり「かわさき地球温暖化対策推進協議会」となりました。

「かわさき地球温暖化対策推進協議会」の組織強化検討の中で、市民と行政との協働の機運の高まりを背景に、市民活動の持続性を確保し、行政職員の異動にも影響されにくい、地域の市民による事務局を担うことのできるNPO法人を設立することになりました。

当時の市民部会メンバーが中心となり、2005年12月に設立総会を行い、2006年5月にNPO法人アクト川崎が許可されました。
法人名は、「Think Globally, Act Locally」から、地域で行動することを目指して「アクト川崎」としました。次の3点が活動の主眼です。
1)市民としての活動の持続性を担保する
2)市民のなかに、種々の力を蓄積する
3)法人格を持つことで「お金」を扱いやすくする

設立の年から、「かわさき地球温暖化対策推進協議会」「CC川崎エコ会議」等の事務局を担い、また、2008年からは、「川崎市地域環境リーダー育成講座」(第11期)の講座企画・運営を受託するようになりました。

2010年12月には、地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)の改正に伴い、川崎市が「川崎市地球温暖化防止活動推進センター」を設置し、一般公募により、アクト川崎が第1期(2010年12月~2014年3月)の指定を受けることができました。
2014年4月から2017年3月までの第2期も、指定を受けることができ、現在に至っています。

現在は、川崎市センターの企画・運営が大きな活動の一つになっていますが、「エコぷらっとC」「かわさき市民活動助成金」等も、アクト川崎にとっては大切な活動として、続けています。